脱毛テープによる脱毛

脱毛テープで一気に脱毛。
これを体験されている方もいらっしゃいますが、キレイにならなくて、困ってしまうこと、ありませんか?
脱毛テープは、エステなどでも行われているもので、カミソリや毛抜きとは違い、広い範囲を一度にキレイにできるものとして、家庭用の脱毛テープもいろいろとあります。
毛の流れに沿って、一気にテープを剥がすことで、すぐにツルツルのお肌になりますし、次に生えてくるまで時間もかかります。
特に急いでいる時などは良いでしょう。
最初は慣れないですが、やっていくうちにキレイに剥がすコツを覚えて、あっという間に脱毛が完了します。
しかし、脱毛テープを使うのを止めたという方は、あの痛みに耐えられないと言います。
テープですから、剥がすときはもちろん痛いです。
そして、すべてがキレイにならないということもあります。
ところどころ毛が残ってしまい、後で毛抜きなどを使って、処理をする手間があります。
最初はどうしてもこの作業が多いようです。
肌がどうしても綺麗ならない、毛穴が目立つなど、どうしても熟練するまでには、脱毛テープを使いこなすことができない悩みもあります。
ですから、本当に急いでいる時だけ使うとか、数回で痛さに耐えられなくなったなど、脱毛テープも難しい脱毛の一つとなっているようです。
仕上げがキレイなら、多少の我慢もしますが、こればかりはなんとも言えないでしょう。
また、ある程度の長さが必要というのも、脱毛テープのデメリットになります。

脱毛ワックスによる脱毛

脱毛ワックスでの脱毛は、脱毛テープと基本的に同じような動作になります。
塗って、剥がすことで、広い範囲の脱毛を試みるものです。
メリットもデメリットもたくさんある脱毛ワックスの方法ですが、メリットから挙げてみましょう。
まずは広範囲の脱毛が可能な事。
好きな場所に貼れますし、脱毛に時間がかかりません。
ワックスということで、肌の角質も取れて、すべすべの肌になることも可能です。
仕上がりが脱毛テープと比較をしてもキレイになると言われています。
剥がす時の痛みは、事前に脱毛したい場所を温めておくと、そんなに痛さを感じませんし、長い方ですと、一ヶ月近く脱毛に成功します。
エステでも専門に行なっているところもありますが、自宅で行うと安く上がります。
最近では、手づくりの脱毛ワックスもあり、肌に優しいとの評判です。
なんと砂糖とレモン果汁だけで作れて、それを肌に塗ってワックスにの代わりにします。
何となく肌に良さそうと思ってしまうと思いませんか?
これも立派な脱毛ワックスです。
一方、もう脱毛ワックスは使わないという方がいうデメリットとしては、なんといっても、剥がす時にどうしても痛いということです。
一気にできるのはメリットですから、それだけの毛が一気に剥がされるのです。
痛みに敏感な方にとっては、すこし辛いかもしれません。
また、仕上がりはキレイですが、やはり数本単位で残ってしまうとか。
原則的に肌が弱い方には刺激が強く、赤くなったりしてしまう事もあるようで、脱毛ワックスは使う人を選ぶ傾向にあります。
しかし、最近では、ジェルタイプのものや刺激が少ないものもでまわっています。

カミソリによる脱毛

脱毛を自分で行う方の中で、どんなアイテムを使っているか?と聞きますと、そのほとんどがカミソリと回答されることでしょう。
確かに、カミソリは簡単に剃れますし、バスタイムに数秒で行えるものです。
毎日でも苦痛ではない方にとっては、こんなに楽な脱毛方法はないと言えます。
しかし、カミソリで脱毛をしたあとの毛は、チクチクして硬い毛が生えてきます。
足や手など、目に見える箇所の脱毛ということになると、その硬い毛は目立ちます。
ですから、カミソリでの脱毛は、ワキの下がほとんどという方が多いことでしょう。
カミソリ脱毛のメリットは簡単なことですが、デメリットとしては硬い毛が生えてくるだけではなく、肌の傷つけ、露出する部分では、見栄えも良くないということができます。
足や腕などに関しては、露出のタイミングに合わせて、脱毛をしたり、いつも露出を避けるように、長袖にしているという話もあります。
これも、どうしてもカミソリの脱毛が手軽ということがあるようです。
最近では、肌にやさしいカミソリもあり、どうしてもカミソリ脱毛が慣れている方は、別の方法にいかない傾向にはあります。
知らず知らずのうちに肌を傷つけている、硬い毛はイヤではないですか?
そんな囁きも聞こえないわけではないですが、カミソリ脱毛をしている方に思い切ってエステなどの脱毛をお勧めします。
なんと大胆なことのようですが、一度きちんと脱毛をすると、もうずっと脱毛をしなくても良い、そして、肌もキレイになると聞けば、なんとなくエステなどの脱毛に興味が湧くのではないでしょうか?