口コミだけではわからない!得する脱毛サロンの雑学3選

あなたは脱毛サロンや脱毛に関してふと疑問に思ったことはありませんか?
サロンのスタッフに聞けばわかることもありますが、取るに足らない些細な疑問だと聞くことすら恥ずかしいかもしれません。
ここではそんなちょっとした疑問に答える、脱毛サロンの雑学を3つ紹介します。

脱毛におすすめの季節は夏ではなく秋だった!

次の夏に向け、お肌を気づかいながら脱毛できます。
脱毛はある程度の回数サロンに通わなければなりません。
毛周期も箇所によりますが、2~3ヵ月期間があります。
そうなると次の夏に合わせるならば、紫外線が弱くなってお肌にも優しい秋から始なければなりません。

勧誘を断るには強い意志を持つしかない!

契約しない強い意志が無理ならば、奥の手もあります。
脱毛サロンで悩まされるのがしつこい勧誘ですよね。
強い意志を持ってはっきり断ることが必要です。
しかし奥の手として、契約してから8日以内ならばクーリングオフできます。

女性でもヒゲ脱毛!

口の周りはお肌が敏感なので、サロンできちんと脱毛しましょう。
最近は女性でも「ヒゲ」の脱毛に気を付ける時代です。
しかし自分で処理する時には注意が必要です。
口の周りは顔の中でもお肌が敏感なので、カミソリなどで自己処理すると皮膚が固くなったり、刺激で毛が濃くなってしまう場合もあります。
女性だからこそサロンでの脱毛をおすすめします。

ちょっと得するかも?

あなたは全部ご存知でしたか?
知っていそうで意外と知らなかった方も多いかもしれません。
口コミだけではなく、正しい知識でサロンに通えば安心です!

ラ・パルレのダイエットエステはこんな内容になっていまよ!

ラ・パルレでのダイエットエステをご紹介します。
まずは、カウンセリングです。
体重と筋肉量、体脂肪率などを、各パーツごとに測ります。

ここで参ったなーと思うのは、肥満の原因を徹底解明するんです!
ある程度の食事制限や運動の提案などもあるかもしれませんが、痩身のためなら仕方のないことです。
ただし、ここで案外と厳しい食事管理をするエステもありますし、運動はウォーキング程度は行ってくださいねと言われることもあります。
ラ・パルレでは、とにかく現在の状態を確認するカウンセリングをしっかりと行います。

早速痩身コースが始まります。
メソラップヒートマットという、体の専用ジェルを塗って、ラッピングされた状態でヒートマットでお休み。
ジェルが体内をめぐり脂肪やセルライトを温めます。
要するにほぐれやすい形にするのです。

ハンドトリートメント、サーモ、キューブウェーブ、ローラーもみほぐしと徹底的に脂肪燃焼を進めていきます。
痩身プログラムとして、少しでも目標体重に近づこうと、いろいろやってくれますよ。

約70分のダイエットエステで、その場で効果が現れるから嬉しいですね。
ダイエットエステの場合、自分は何もせずに寝ているだけなんですよ。
それでサイズダウンができるのですから、ラ・パルレの痩身、体験してみてくださいね。

何が良いって、ハンドトリートメントはなかなか気持ち良いようです。
痩身だけではなく、美肌効果の期待できるようで、帰宅時はルンルンです。
他の痩身エステはこちらたかの友梨のダイエットコース

汚いお尻にならないためにしっかりケアを!ニキビ予防のためにも

お尻が汚い!
これは、臀部(ふくらみ)がブツブツしていることですが、とても人に見せられるようなお尻ではないという方も多いでしょう。
そんなに人前に晒すことがないお尻ですが、汚いのはイヤですね。

お尻を洗っていて、腫れていたり、ブツブツがあることってありませんか?
ニキビのように痛いわけではありませんが、それでもそのままにしておくとニキビになってしまうことは多いです。
そのまま放っておいて、もしニキビにならなかったとしても、汚いお尻の原因になってしまいます。

お尻が汚いのは、肌再生がうまくいっていない証拠です。
顔と同じように、お尻も肌再生を繰り返して、いつもツルンとした肌でいるのが正解です。
それなのに、ブツブツや吹き出物、ニキビまで出来てしまうのは、ケア不足です。

いつも下着が当たったり、摩擦が多いお尻だからこそ、お尻専用のクリームやジェルで手入れをしましょう。
ニキビになってしまったら、その部分が痛いだけではなく、ニキビ跡ができたら、汚いでは済まされないかも?

お尻の皮膚は、どうしても角質が厚くなってしまうから、日ごろからのケアが大切なんですよ。
お尻専用クリームがない場合は、化粧水などでケアするだけでも違ってきます。

お尻をキレイにするならコチラ>>http://www.komglobal.info/

毎日ケアをしていると、お尻の肌が変わってくるのがわかります。
ツルスベの肌になるだけではなく、しっかりとニキビ予防もできるから、早速やってみてね。
もう汚いお尻だなんて言わせませんよ!

肌も大事だけど髪も大事。すれ違いざまに恋におとす、ちゅるん髪のつくり方

お肌がキレイなことも大事ですが、それ以上に「あの人、きれい」と印象的に思わせる秘訣は髪の毛にあります。そんな人を惹きつける髪の毛とはどんな髪の毛がいいのか、雑誌に載っていたのでチェックしてみました。

きれいな髪は、その人の魅力を倍増させる!

ツヤと潤いが合ってみずみずしいお肌、ぷるぷるでつややかなリップ・・・女の人がキレイになるためには磨きたいパーツはたくさんあります。ビューティーライフスタイリストの神崎恵さんは、そんな中でも一番大事なのは髪の毛と断言しました。

女性がいちばん磨くべきパーツはなにをおいても髪です!髪=顔を取り囲む額縁だと考えてみて。額縁の部分がパサツイてボサボサだと、いくらその中に飾られた肌が美しくても、魅力は半減。

たしかにどんなにキレイな絵でも額縁がぼろぼろでは魅力は半減してしまいますね。ただ、絵そのものがダメでも同じ気はするのですが(笑)ただ髪は女の命です。キレイにこしたことはありません。そこで髪をちゅるんにするための方法を学んでチュルン髪にしてレッツモテライフ!

1.ブラッシング

とにかく大事なのがブラッシング。洗う前の乾いた状態でしっかりとブラッシングしてあげることで、絡んでいた髪の毛をほどいたり、髪についたホコリをとることができます。同時に頭皮に程よい刺激を与えることで、血行を良くする効果がでてきます。ブラシはとくに変わったものを使う必要はありませんが、毎日必ず使うものなのである程度しっかりしたものを買えば、長く使えるのでおすすめです。神崎さんはメイソンピアソンのクシを20年以上愛用しているそうです。1万円以上する高い品物ですが、20年以上使っているそうなので余裕でもとは取り返しています。しかし20年ってすごい。。。

2.髪は想像の3倍濡らす

当然シャンプーするときはお風呂にいますので、全部びしょびしょに濡れているイメージがあるのですが、実はそれでも甘いそうです。私達が日頃シャワー前に濡らしているのは、「湿らす」程度だそうです。それだけじゃぜんぜん足りないので、最低でもシャワーを1分間かけながら、手をしっかりとつかって髪の毛はもちろん頭皮もしっかりと濡らすことが重要になります。髪の毛が長いとそこまでしっかりと濡らす前にシャンプーしちゃう場合も多いので、ちょっと意識して3倍濡らすくらいのイメージでいるのがいいのでしょうね。

毛抜きによる脱毛

毛抜きで脱毛されている方は、最初はカミソリ脱毛を行なっていて、あの剛毛の毛がイヤということで始められている方も多いようです。
毛抜き脱毛は、痛みはありますが、カミソリと違って、肌もツルツルになりますし、すぐに生えてこないので快適と思っている方も少なくありません。
しかし、脱毛の観点から見ると、なかなか手ごわいものと言えます。
まずは、また必ず生えているので、たびたび脱毛が必要になります。
これは、毛抜き脱毛は何となくまるごと脱毛をしているかのように見えますが、毛母細胞などはしっかりと残ります。
ですから、しばらくの間だけのツルツル肌です。
そして、痛いほどの脱毛で、その後の毛穴は開きっぱなし担っているのはご存知でしょうか?
一見ツルツルお肌ですが、よく見ると毛穴のポツポツが残っています。
繰り返し毛抜きを使うことで、毛穴が常に刺激されていることになります。
毛抜きでの脱毛で、たまに残ってしまうことがありますが、毛穴の中でくるりと発毛してしまい、いわゆる埋没毛になります。
これは、自分で処理することもできずに、困りモノと思っている方もいるはずです。
そうして、毛抜き脱毛の最大のデメリットが、毛が太くなってしまうことです。
やはり痛みほどの刺激が毎回ですから、知らず知らずのうちに太い毛にしているということがあります。
正しい脱毛とはいえない毛抜き脱毛。
ここは専門家などに脱毛をしてもらうのが適切かもしれません。
肌のためにも、もちろん見た目にも毛抜き脱毛は考えたほうが良いかもしれません。

脱毛テープによる脱毛

脱毛テープで一気に脱毛。
これを体験されている方もいらっしゃいますが、キレイにならなくて、困ってしまうこと、ありませんか?
脱毛テープは、エステなどでも行われているもので、カミソリや毛抜きとは違い、広い範囲を一度にキレイにできるものとして、家庭用の脱毛テープもいろいろとあります。
毛の流れに沿って、一気にテープを剥がすことで、すぐにツルツルのお肌になりますし、次に生えてくるまで時間もかかります。
特に急いでいる時などは良いでしょう。
最初は慣れないですが、やっていくうちにキレイに剥がすコツを覚えて、あっという間に脱毛が完了します。
しかし、脱毛テープを使うのを止めたという方は、あの痛みに耐えられないと言います。
テープですから、剥がすときはもちろん痛いです。
そして、すべてがキレイにならないということもあります。
ところどころ毛が残ってしまい、後で毛抜きなどを使って、処理をする手間があります。
最初はどうしてもこの作業が多いようです。
肌がどうしても綺麗ならない、毛穴が目立つなど、どうしても熟練するまでには、脱毛テープを使いこなすことができない悩みもあります。
ですから、本当に急いでいる時だけ使うとか、数回で痛さに耐えられなくなったなど、脱毛テープも難しい脱毛の一つとなっているようです。
仕上げがキレイなら、多少の我慢もしますが、こればかりはなんとも言えないでしょう。
また、ある程度の長さが必要というのも、脱毛テープのデメリットになります。

脱毛ワックスによる脱毛

脱毛ワックスでの脱毛は、脱毛テープと基本的に同じような動作になります。
塗って、剥がすことで、広い範囲の脱毛を試みるものです。
メリットもデメリットもたくさんある脱毛ワックスの方法ですが、メリットから挙げてみましょう。
まずは広範囲の脱毛が可能な事。
好きな場所に貼れますし、脱毛に時間がかかりません。
ワックスということで、肌の角質も取れて、すべすべの肌になることも可能です。
仕上がりが脱毛テープと比較をしてもキレイになると言われています。
剥がす時の痛みは、事前に脱毛したい場所を温めておくと、そんなに痛さを感じませんし、長い方ですと、一ヶ月近く脱毛に成功します。
エステでも専門に行なっているところもありますが、自宅で行うと安く上がります。
最近では、手づくりの脱毛ワックスもあり、肌に優しいとの評判です。
なんと砂糖とレモン果汁だけで作れて、それを肌に塗ってワックスにの代わりにします。
何となく肌に良さそうと思ってしまうと思いませんか?
これも立派な脱毛ワックスです。
一方、もう脱毛ワックスは使わないという方がいうデメリットとしては、なんといっても、剥がす時にどうしても痛いということです。
一気にできるのはメリットですから、それだけの毛が一気に剥がされるのです。
痛みに敏感な方にとっては、すこし辛いかもしれません。
また、仕上がりはキレイですが、やはり数本単位で残ってしまうとか。
原則的に肌が弱い方には刺激が強く、赤くなったりしてしまう事もあるようで、脱毛ワックスは使う人を選ぶ傾向にあります。
しかし、最近では、ジェルタイプのものや刺激が少ないものもでまわっています。

カミソリによる脱毛

脱毛を自分で行う方の中で、どんなアイテムを使っているか?と聞きますと、そのほとんどがカミソリと回答されることでしょう。
確かに、カミソリは簡単に剃れますし、バスタイムに数秒で行えるものです。
毎日でも苦痛ではない方にとっては、こんなに楽な脱毛方法はないと言えます。
しかし、カミソリで脱毛をしたあとの毛は、チクチクして硬い毛が生えてきます。
足や手など、目に見える箇所の脱毛ということになると、その硬い毛は目立ちます。
ですから、カミソリでの脱毛は、ワキの下がほとんどという方が多いことでしょう。
カミソリ脱毛のメリットは簡単なことですが、デメリットとしては硬い毛が生えてくるだけではなく、肌の傷つけ、露出する部分では、見栄えも良くないということができます。
足や腕などに関しては、露出のタイミングに合わせて、脱毛をしたり、いつも露出を避けるように、長袖にしているという話もあります。
これも、どうしてもカミソリの脱毛が手軽ということがあるようです。
最近では、肌にやさしいカミソリもあり、どうしてもカミソリ脱毛が慣れている方は、別の方法にいかない傾向にはあります。
知らず知らずのうちに肌を傷つけている、硬い毛はイヤではないですか?
そんな囁きも聞こえないわけではないですが、カミソリ脱毛をしている方に思い切ってエステなどの脱毛をお勧めします。
なんと大胆なことのようですが、一度きちんと脱毛をすると、もうずっと脱毛をしなくても良い、そして、肌もキレイになると聞けば、なんとなくエステなどの脱毛に興味が湧くのではないでしょうか?