毛抜きによる脱毛

毛抜きで脱毛されている方は、最初はカミソリ脱毛を行なっていて、あの剛毛の毛がイヤということで始められている方も多いようです。
毛抜き脱毛は、痛みはありますが、カミソリと違って、肌もツルツルになりますし、すぐに生えてこないので快適と思っている方も少なくありません。
しかし、脱毛の観点から見ると、なかなか手ごわいものと言えます。
まずは、また必ず生えているので、たびたび脱毛が必要になります。
これは、毛抜き脱毛は何となくまるごと脱毛をしているかのように見えますが、毛母細胞などはしっかりと残ります。
ですから、しばらくの間だけのツルツル肌です。
そして、痛いほどの脱毛で、その後の毛穴は開きっぱなし担っているのはご存知でしょうか?
一見ツルツルお肌ですが、よく見ると毛穴のポツポツが残っています。
繰り返し毛抜きを使うことで、毛穴が常に刺激されていることになります。
毛抜きでの脱毛で、たまに残ってしまうことがありますが、毛穴の中でくるりと発毛してしまい、いわゆる埋没毛になります。
これは、自分で処理することもできずに、困りモノと思っている方もいるはずです。
そうして、毛抜き脱毛の最大のデメリットが、毛が太くなってしまうことです。
やはり痛みほどの刺激が毎回ですから、知らず知らずのうちに太い毛にしているということがあります。
正しい脱毛とはいえない毛抜き脱毛。
ここは専門家などに脱毛をしてもらうのが適切かもしれません。
肌のためにも、もちろん見た目にも毛抜き脱毛は考えたほうが良いかもしれません。